お羊座の願い事「キーワード」

「キーワード」を見ていただければおわかりのように、
「おひつじ座」の特徴は、「新しい始まり」の一言に集約されます。

「新しいことを始める」にあたり必要な、
・純粋さ
・素直さ
・愚直に行動する
・内省する
・勇気
・独立 に関するお願いごとが良いですね。

*普段、私たちが使っている「太陽の星座」の「牡羊座」の特徴ではありません。
「月の星座」が「おひつじ座」であることを念頭に読み進めてくださいね♪

*月の星座は こちら で調べられます。
下のほうにももう一度、掲載しておきますね。

【おひつじ座】が得意とする「キーワード」とは?

■「始まり」を司っています。
季節は四月。
新生活が始まったばかりの人も多いでしょう。

また、何かを始めたい気持ちに動かされるのも
この時期ですよね。

NHKのラジオ講座のテキストは、
この4月が1年の中で一番売り上げがあるそうです。
心当たりがある人も多いのではないでしょうか?
かくいう私も漏れずに、その一人ですが^^;;(苦笑

こんな「何かを新しく始めたくなってしまう気持ち」を
実現させるために、、、

・先鞭(せんべん)をつけましょう
先鞭をつけるとは、他の人よりも先に行動するということ。

そのためのお願いとして、
・グズグズしないで、さっと気持ちよく行動を起こす
・人目を気にせず、決断する
・前例がなくても周りの人が応援したくなるほどの熱意を持続する

このような願いが良いでしょう。

■「内省する」を司っています。

・長所を伸ばすことに目をむける
・自分の直感を信じられる強さを手に入れる
・人生は楽しく喜びに満ちていると思える思考習慣を身につける

内省(ないせい)するとは、反省することではありません。
・あなたがどのような人生を送りたいのか?
・あなたの長所はどこなのか?
を冷静に、かつ客観的に受け入れましょう。

■「素直さ」を司っています。

何かを新しく始めるときは、
必ずあなたに指南してくれる人がいますよね。

よく言われることですが、
学ぶ立ち位置にいるときは、
「はい」としか言わないくらいの
「素直さ」が必要です。

・ついつい「私は・・」と思うクセを一旦、手放す
・かまわれなくても、すねずに積極的に行動する
・個性を押し付けることなく、認めてもらえる表現ができるようになる

*かのアインシュタインが「素直さは最高の知性」であると言った様に、
 まずは心も耳のシャッターも全開にして、
 教わる人に敬意を持って接すると上手くいくでしょう。

■「自己発見」を司っています。

新しいことを始める前にセットでついてくる
・不安
・リスクを負う
・競争心 を手放すお願いごとも有効ですよ。

■「勇気」を司っています。

・前に進む勇気
・継続する根気
・人に付いていくのではなく、自らリーダーになるくらいの覚悟

などに関するお願いも1つは入れてみると良いでしょう。

■「身体部分・症状」をを司っています箇所。

・にきび
・目
・頭、頭皮、脳
・頭痛、めまい

*上記部位や症状がある方は、健康を促進する願いごとや、
良いお医者さんとの出会いを願いに入れるとよいでしょう。

これらのキーワードに関しては、「新月の願い」の提唱者である、
アメリカ人、ジャン・スピラー氏の著書『魂の願い 新月のソウルメイキング』
を一部参照しています。

新月の願い事「書き方-7つの法則」は こちら です。

困難な願いをあっさり叶える「7つの魔法の言葉」は こちらです。

星座別「キーワード」は こちら です。

新月カレンダーは こちら です。

「ボイドタイム」の過ごし方 と「効力」については こちら です。

「太陽の星座」 と 「月の星座」の違いについては こちら です。

「月の星座」の調べ方は こちら です。

「最大パワー周期」の調べ方と「願い」の書き方は こちら です。

 

アマゾン「神社部門1位」

 7週間連続達成☆

 Yahooニュース「1位」獲得♪



『神社で引き寄せ開運☆

~神様に愛されるお参り&ご利益ブック』

(三笠書房 王様文庫)。


全国の書店さんでお買い求めいただけます。

アマゾンはこちら。

14886003_10210835455552914_243977188_n

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

2017年

新月

星座別「キーワード」(新月)

満月

星座別、満月の特徴

よくある質問

新月&満月カレンダー

「 立 春 」の開運フード

「 節 分 」の開運フード

新月の「願い」が叶わない理由

カテゴリ

このサイトを検索

スポンサードリンク

Copyright(c) 2015 新月&満月パワーで「引寄せ人生」の達人に♪ All Rights Reserved.
パブリッククラウドとプライベートクラウド